2014 個展〜Ligado つながり〜


会場写真

(c)2014 the center for creative communications

会場写真

(c)2014 the center for creative communications

本企画について

2010年の個展は、20年振りの個展であった。
それは、20年越しの旅の答えであり、決着であり、再出発でもあった。
1990年に渡欧し、その旅を終えてから制作できなかった。
これまでの多くの人達との出会いも、風景も、思考も、全てが必然であり、 前兆であり、 つながりであった。
今回(2014年)の企画は、さらにつながっていくものたちを作品や詩、文などでつなげた(・・・・)ものである。

2010年の作品は1990年〜2010年のつながり(旅の答え)を表現したもの。

『アトラス山脈を越えて 』   アクリル 727×4120

『 路上の詩 』
   アクリル 727×2060

2013年の作品は、東日本大震災で被災した友人とのつながりから自問自答し制作、 仙台で発表したもの。

『 ひまわり 』
   和紙・アクリル 1030×1800

『 Honroso 』
   和紙・アクリル 1030×1800

『 つながり 』
   和紙・アクリル 8000×3000

2014年の作品は、被災地で見たもの、学んだことから表現したものである。

imagine
『Imagine』
   アクリル作品
Imagine
無は存在するのだろうか
大気のように色はなく
空のようにつながり
想像によって彩られ
創造によって形づくられ
無が存在する

imagine

imagine

imagine

会場写真

これらの作品の解説になるであろう、文や詩をパネル展示した。

会場写真

会場写真

また、25年来の友人で、善き理解者でもある蛯原氏の文もパネル展示させてもらった。

会場写真

(c)2014 the center for creative communications

inserted by FC2 system